トップ

和装での結婚式の魅力

和装結婚式の魅力とは

人気が高まる和装結婚式

結婚式といえば、多くの人が純白のウェディングドレスにバージンロードをイメージするのではないでしょうか。女性にとってウェディングドレスの花嫁姿は子供の頃からの憧れですよね。

しかし、10年ほど前には主流であったホテルでも結婚式の数が年々減少の傾向にあり、最近では神社での和装で執り行う結婚式の人気が高まってきています。京都の有名な神社ではこの5年で挙式を執り行う新郎新婦が5割以上も増えているそうです。しかもその多くが京都在住ではない新郎新婦による挙式だそうです。

和装で結婚式を執り行う新郎新婦が増えている理由には、昨今の日本文化の人気にもあると考えられています。世界的に見ても、日本食や日本のアニメなど日本文化の人気が高まっています。世界で日本の文化が流行することによって、改めて自分が生まれ育った国の伝統的な文化の素晴らしさに目を向ける人が増えていることが影響しているとも言えます。

他にも、世界遺産に指定されている伝統ある神社仏閣にて、和の装いで結婚式を執り行う芸能人が増えていることによる影響もあります。結婚式はウェディングドレスを着るものというイメージの強い女性にとっては、美しく凛々しい和装の花嫁姿に新鮮さを感じ、憧れを抱く人も多いでしょう。

伝統的な和装というと、白無垢に綿帽子や角隠しのスタイルです。角隠しは白無垢に限らず色打掛に合わせることもできるので、華やかな色打掛に合わせるという花嫁もいます。最近では、そういった伝統的なスタイルだけではなく、和装に洋装の髪型を合わせるモダンなスタイルにも人気が集まっています。

また、神社での結婚式は、新郎新婦の家族にとっては、懐かしさもあり日本の伝統を感じる場所で誓いを結ぶ姿には感慨深いものがあるととても喜ばれます。