トップ / 和装結婚式当日の朝は

和装での結婚式の魅力

和装結婚式当日の朝は

和装結婚式の花嫁行列

神社で執り行う和装の結婚式には、地域によって受け継がれている伝統的な儀式もあります。

花嫁衣装の着付けは式場でしてもらうことが多いのですが、地域によっては、花嫁の自宅で着付けをするところもあります。
生まれ育った自分の家で花嫁衣装を着付けてもらい、そして両親にお礼を述べてから家を出て、式場へと向かいます。「お帰りなさい」と帰ってくることがないようにという意味で、玄関からではなく縁側から外に出て、近所の人たちにも見送られながら式場へと向かう儀式があります。この儀式を「家立ち」といい、地域によっては今も伝統として受け継がれています。

神社での結婚式での印象的な儀式の一つに、花嫁行列といわれている「参進の儀」という儀式があります。
手水でお清めをし、新郎新婦を先頭に両親、親族と列をなし、神職と巫女の先導のもと進んでいきます。親族は血縁関係の近い順に列になります。雅楽や太鼓の音と共に列をなして練り歩く姿は、昔ながらの日本の「嫁入り」をイメージさせる厳粛な儀式です。
参進の儀は、ホテルや迎賓館などで執り行う和装での結婚式では行われないため、神社での結婚式特有の重要な儀式ともいえます。

列をなしたまま本殿へと入ります。全員が揃ったら、神職が入場し修祓の儀が行われます。
神職が新郎新婦、参列者の心身を浄めるためにお祓い行う儀式です。日本では、心身が清らかであることをとても大事にしているために、結婚の儀を行う前にお祓いが行われます。
修祓の義の後には、祝詞奏上という神に結婚を報告し末永い幸せを祈願するための儀が行われます。神職が結婚を誓う祝詞を読み上げ、神に報告をします。