トップ / 和装結婚式の儀式の一つ水合わせ

和装での結婚式の魅力

和装結婚式の儀式の一つ水合わせ

和装結婚式の水合わせとは

神職によって神へ結婚の報告がおこなわれた後、新郎新婦が神の前で盃を交わす「三三九度」が行われます。三三九度は「三献の儀」とも言われていて、御神酒を順序に従って飲む儀式のことをいいます。順序は、巫女が大中小三つの盃を新郎新婦の前に運び御神酒を注ぎます。そして、小の盃、中の盃、大の盃の順に飲み干します。飲むときは新郎から新婦の順で、三回口をつけて飲むのですが、三回目で飲み干すように飲みます。それぞれ三回飲むので、三々九度と言われています。

御神酒には神の力が宿るとされていて、夫婦の契りを交わし、御神酒を飲むことで神の加護を受けるという意味もあります。

三々九度の後に誓詞奏上という新郎新婦が結婚の誓いの詞を述べる儀式、指輪の交換が行われます。そして、玉串奉奠という神の加護に感謝し、玉串を捧げるという儀式がおこなわれ、その後親族固めの盃の儀式がおこなわれます。

神社での神前式の儀式には、三三九度ともう一つ御神酒を飲むものがあります。それが、親族固めの盃という儀式で、両家の家族の結びつきを固めるという意味でおこなわれます。
このように、和装の結婚式では盃を交わすことはとても重要なものとされています。

他にも、結婚式で盃を交わす儀式の一つとして、日本古来から伝わる「水合わせの儀」というものがあります。新郎新婦お互いが生まれ育った実家から水を汲んできて、それを一つの盃に合わせて飲むというものです。この水は、正式には結婚式の当日の朝に母親が汲んできたものとされています。それぞれ違う環境で育ってきた二人が、これから一つの家族として幸せな家庭を築けますようにという願いが込められているそうです。
最近では和装の結婚式の披露宴の演出としておこなったり、お互いの生まれ育った地域のお酒を乾杯に用いたりもされています。